私がまだ幼かった頃、母が食材宅配サービス「ヨシケイ」で食材の注文をしていました。
もう20年程前のことなので記憶がおぼろげですが、当時母が頼んでいたのは決まったメニューが作れる食材のセットのようなものでした。今でも食材宅配「ヨシケイ」の配達車はよく見かけますよね!

引っ越しかなにかがきっかけでヨシケイで注文するのはいつの間にかやめていて、無農薬野菜などに興味を持ち始めた母は「らでぃっしゅぼーや」の宅配野菜を頼むようになりました。
らでぃっしゅぼーやのお野菜はとても美味しかったのですが、毎回たくさんの野菜が届くので、使いきれずにダメにしてしまうこともしばしば、、
子どもながらに、とってももったいないなあと思っていた記憶があります。
きっと、こだわりのお野菜だったぶんお値段もそれなりにしただろうに。

そして大人になった私は車移動が必須なわりと田舎に嫁いできました。

義実家ではもともと食材宅配「おうちCO・OP」を頼んでいたので、継続して頼んでいます。
おうちCO・OPでは、お野菜、お肉、お魚はもちろん、ティッシュやトイレットペーパーなどの日用品やお洋服までなんでもカタログに載っています!
初めて見たときになんでもあるんだー!って感動したのを覚えています。笑
おうちCO・OPの良いところは、欲しいものを欲しいだけ頼めること。うちでは野菜やお肉お魚は直売所やスーパーで目で見て購入しますが、冷凍食品や重たい箱入りの水やかさばるトイレットペーパーなどを注文しています。
冷凍食品は発泡スチロールの箱にしっかり保冷剤とドライアイスと一緒に入れて届けてもらえるので、すぐに開けられなくても大丈夫です。
お取り寄せのスイーツなども注文できるので、毎回カタログを見て選ぶのが楽しみです。
毎日のようにスーパーまで行くことのできない私の強い味方になっています。

私の母のように、届いた食材を無駄にしてしまう例もあったりするので、食材宅配サービスは自分の家に合っているものを選ぶことが大事だと思います。
食材宅配サービスにはお試しコースがあるところも多いようなので、これから始める方はいくつか試してみて検討するのも良いかもしれませんね!

ココマイスターのこだわりとしては、革素材だと感じています。何故かと言うと、財布の素材としては、天然の革素材が丈夫な財布作りとしては適用しています。革となっている動物としてはおもに、馬、豚、羊なのですが、とても革として丈夫なのが、牛になっているのです。生後6ヶ月から2年以内の子羊の革がとてもいい時期の革となっています。それは、表面の滑らかさが出てきており、決めの細やかさはカーフに衰えていくのですが、革が分厚くなっているために、高級感が出てきてしまいます。このことをキップを言います。財布などを使われていることに驚きを隠しませんでした。今までは、財布は安物で、丈夫じゃなくても大丈夫かなと思っていたのですが、それは大間違いで、割りと高いものを選んでいき、彼が求めているメンズ財布で、丈夫の良いシンプルイズベストなデザインにはとても良いと思いました。それからは、ココマイスターのこだわりになっているものを使っていて、とても素晴らしいと思いました。

ココマイスターは総勢100名以上超えている日本の熟練職人さんがいることを知りませんでした。職人さんとしては、自分の予想としては、20人ぐらいで財布を作り上げているものだとてっきり思っていました。大人数の熟練職人さんがいれば、財布の縫製職人さん、革を製品に合わせていき、厚みを変えていく職人さん、金属を加工する職人さんなどといろんな担当の方々が見られて、より良い財布作りが出来るのだと関心しました。日本の職人文化を守っていくために、1つの財布に少しずつですが、作製する心が思いを込められていて素晴らしいものだと思いました。そうしていくおかげで、財布が丈夫よく、デザインとしては、シンプルイズベストという紳士的に引き出していて、男性に人気が出ているものだと分かりました。男性の方々は年齢を重ねていくとともに、紳士的な感じを求めているために、よくシンプルイズベストなデザインのメンズ財布を選ぶことがあります。それに対して、ココマイスターの財布にぴったり適用して良いものだと思います。

ココマイスターの素晴らしい所は、熟練職人さんの方が財布の革の素材と財布のデザインへのこだわりがあるからです。

熟練職人さんは財布の革の素材へのこだわりです。天然皮革を使われており、2種類の仕上げ方法が異なる特性があります。

顔料仕上げと染料仕上げと呼ばれるものです。革の段階によって、傷をつけるようなことは絶対になりません。もし、傷ができてしまったのならば、傷を隠すか?か、傷を生かしていくかと選択が出てきてしまいます。

選択によって、エンジングという修正方法もあります。染料仕上げは時とともに美しく変化していき、顔料仕上げは皮革の表面にペンキを塗っていき、色付けしていくことによって、綺麗に表面になっていき、素晴らしい財布が出来る上がります。

私はそんなことがあるだなんて、知りませんでした。それでも、このような素敵な財布を作ることができて、シンプルイズベストなデザインの財布になるので良いと思いました。

ココマイスターの財布の革の素材は、天然素材を使用されています。革素材としては、牛、馬、豚などの革として使われることが多いのですが、牛は利用頻度が一番高いものです。

その中で、イタリアなどの欧州産の牛をココマイスターの財布としての革の素材として使われています。

美しさと使い手の良さを両立している高級感があり、丈夫の良いものなので、素敵な財布に出来上がるそうです。

生後6ヶ月から2年内の牛の革としては、表面が滑らかになっているので、革が厚くなっていて、強度が求められている物に使われます。

ココマイスターの財布は丈夫の良いもので、シンプルイズベストなデザインの財布を求めているために、こだわりとしてはあたっていると思います。

男性から見ていると、シンプルイズベストなデザインはカッコいいデザインになっているとともに、丈夫で長持ちで使えれる財布を探しているのにはぴったりと感じています。

 

日本の熟練職人さんは革の特性や鞄、バッグの作り方の得意分野があります。

それを考慮したココマイスターでは、マイスターマッチングというものを行っています。

熟練職人さんでも100名以上超えていますので、財布・鞄・バッグなどの縫製職人さんから革の厚みを変えれる職人さん、金属加工する職人さんとそれぞれ分けられて、財布などを作られています。

普段は1つのことで1人の職人さんが財布を手掛けると話を聞いたことがあるのですが、ここココマイスターはそれと違い、それぞれの職人さんが手掛けるということは優れていることだと思います。

より良い丈夫な財布に出来上がるのだと思うと、素晴らしいものなんだなと実感が湧き上がりました。

財布のデザインとしても、シンプルイズベストなデザインなので、男性の方にはとても人気のあるのもわかると思います。

下手なデザインよりはシンプルで何もない方がカッコいいデザインになっているのでココマイスターの財布はとてもかっこいいですね。

こだわり

ココマイスターというブランドは始めて聞きいたとき。個々のブランドはどんなものを作製しているのだろうかと疑問に思い、公式サイトを見ました。

ココマイスターはイタリア、ドイツなどで革文化が生み出しの最高級の天然素材の皮革を使用していて、職人さんがその天然素材の皮革を財布に作製しています。

職人さんが1つひとつの財布を丁寧に作製しているこだわりを感じて、とても素敵です。

公式サイトにある、天然素材の皮革では美しい人間に最も近いという素材と言えますという部分の文章を読んでいると、確かに綺麗な天然素材の皮革なので、本当に美しい人間に近い存在と感じます。

私はあまり、財布に使用されている素材は今までこだわってきませんでした。

財布は可愛いければ良いと思っていたからです。ですが、ココマイスターは丈夫でよい財布を作製していらっしゃるので、先日、父や夫に誕生日プレゼントして、とても喜んでいました。

男性は品質に関してこだわりがあるのでこのブランドコンセプトはとてもよかったです

このような素晴らしい、ココマイスターのこだわりがとても素敵です。

私がココマイスターを知ったのは長財布ココマイスター.netというサイトです。かなり詳しいレビューや評判など書いてましたので参考にしてみてみてください。

PAGE TOP